アラビノキシランとは?

 

アラビノキシランにはどんな効果・効能がある?

 

アラビノキシランは、米や麦、トウモロコシなどのイネ科の植物に含まれているhemicelluloseの主成分です。分子構造が小さいので、小腸から吸収されて血液の中に入っていきます。これにより、血液中のmacrophageやNK細胞が活性化されるので、全体の免疫レベルが高まります。このために、細菌やウィルスから身を守る能力が向上するので、病気になりにくくなります。特に、注目されているのが、B型及びC型肝炎、大腸ガンなどに対する予防及び抑制する効果です。

 

さらに、アラビノキシランは、飲酒や喫煙、紫外線やストレスなどが原因で発生する活性酸素を除去する効果もあります。活性酸素は、外部から侵入してくる細菌やウィルスを攻撃するという役割を担っているのですが、一部は自身の細胞を酸化させるという作用を持つ物質です。このために、生活習慣病やがん、老化の原因物質と考えられています。アラビノキシランにより、活性酸素を除去するということは、様々なトラブルに対する予防効果が得られるということになります。

 

なお、アラビノキシランは前述したようにイネ科の植物に含まれているのですが、白米は例外です。これは、精白する過程で除去されてしまうからで、この成分の補給を目的としている場合は、玄米や雑穀米などの他のものを選択するのが適当です。ただし、米由来のものより、トウモロコシ由来のものの方が圧倒的に含有率において優れているという特徴があります。

 

アラビノキシランは、主食に近い素材に含まれている有効成分ということで、日常的に摂取することはそれほど困難ではありません。しかし、サプリメントを使用することにより、さらに効率的な補給が可能です。免疫力を高めたい人やガンを予防したい人、生活習慣病を予防したい人や老化を予防したい人におすすめです。

 

なお、効果と引き換えに何かを喪失するという内容ではないので、副作用に見舞われる危険はありません。