大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ働きを体内でしてくれます。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをする?

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモンの中のエストロゲンに似た働きがあるとされています。女性ホルモンは、体内で作られていますが、老化とともに減少していきます。特に、女性は、閉経すると女性ホルモンの分泌量が減少するため、更年期障害などの症状があらわれるようになります。

 

大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きがあり、主に美白や保湿性の向上、バストアップ、生理不順の改善、生理痛の抑制など美に関する働きが期待できます。エストロゲンの分泌量が少ない状態では、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分が作られなくなり、ハリのある肌を作ることができなくなります。また、更年期障害など女性ホルモンが減少することで症状があらわれる更年期障害や女性に症状が出やすい骨粗鬆症などの症状の緩和につながります。骨粗鬆症は、直接的に生命を脅かすことはありませんが、些細なことで骨折を繰り返すようになり、高齢になると骨折による入院などで地方が始まったり障害が残ってしまう可能性があります。

 

大豆イソフラボンは大豆製品に含まれていますそのため、アレルギーがある場合は、受診してから摂取するようにします。大豆製品である納豆や豆腐、味噌、醤油などからも摂取することができます。1日の摂取量は75mgとされています。納豆だけで60mg含まれているため、毎日納豆を食べることで理想の摂取量に近づけることが可能です。納豆が苦手な場合でも豆腐や味噌汁を食べるようにするなど工夫することです。大豆イソフラボンはサプリメントから摂取もできますが、食事でも取り入れるようにしていると過剰摂取となる危険性があります。食品であれば、いろいろな栄養素が含まれていますが、サプリメントからの摂取で超過し過ぎるとエストロゲンのバランスが崩れてしまうことがあるため、摂取量はしっかりと守るようにします。