トマトやスイカ、ピンクグレープフルーツに含まれるリコピンとう成分は、カロテノイドの一種です。

 

トマトに入っているリコピンについて解説

 

カロテノイドとは自然に存在する色素のことで、リコピンは赤色の天然色素です。

 

カロテノイド自体が抗酸化作用が強いのですが、カロテノイドの中でもリコピンはかなり強い抗酸化力を持っているのが特徴です。
この抗酸化作用は、体内の組織が活性酸素によって錆びていくのを食い止める作用です。

 

活性酸素は体の中で一定の割合で発生して、体外からのウイルスや細菌の攻撃をして体を守る働きをしていますが、ストレスや喫煙、飲酒、紫外線、食品添加物、乱れた生活習慣などが原因で増え続けてしまうと、酸化力が強い酸素なので、体内のタンパク質や脂質・DNAやその他の組織に触れるとそれらを錆びさせてしまうのです。

 

増えすぎると健康を害する原因とされる活性酸素を消去する物質が、リコピンをはじめとする抗酸化物質です。
体内に十分な抗酸化物質がなければ、体内は活性酸素が発生し続け錆びついてしまいます。そうしたことを防ぐためにリコピンなどの抗酸化物質は、細胞が活性酸素に攻撃されるのを防いでいるのです。

 

その他にも、この強力な抗酸化作用は、血中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ血流を改善する効果や、生活習慣病の予防・改善の効果、肥満予防、視機能を改善する効果が期待できます。

 

活性酸素が増えすぎて血管を傷つけてしまうと、血流の流れが悪くなりますし、血栓ができやすくなってしまいますし、様々な生活習慣病の原因となるものも血管の異常が原因となっているものが大半です。また血流改善により代謝が上がり肥満を予防できますし、活性酸素が原因となる視力低下にも効果的だからです。
また、リコピンは美肌にも効果的です。

 

これは紫外線が肌にあたると活性酸素が発生し、シミやシワ、たるみの原因となってしまいます。なのでリコピンの抗酸化力が活性酸素を防ぐ効果を発揮するのです。同時にリコピンにはシミをの原因となるメラニンを生成する物質の働きを抑制する効果もあるため、ダブルの効果が期待できるのです。